植木屋と植栽案件

秋はムラサキシキブや上画像のヤブランやフイリヤブラン,ホトトギスなど、紫色の草花が季節の移り変わりを意識させてくれます。
さて、いつものお客さんのお庭を手入れしていますとご近所の方から「丁寧な仕事ぶりですね」と声をかけていただきました。
仕事でもこちらのHPでも庭竹らしさを誉めていただけるのは嬉しい事です。
誉めていただいただけではなく、家の植木もと手入れをご依頼されました。剪定等は先月施工しましたが、植栽の改善策も宿題でいただきました。
先ずは伐採抜根から、配管等に注意しながら作業します。
続いてコニファー(エレガンテシマ)と低木下草を植栽します。
表の植栽ですから、目立たないように竹で支柱をしておきます。
植栽スペースは二カ所ありますからシンメトリーになるように植えました。落ち葉が少なく切り戻ししやすい樹種を選んでありますから、表の植栽としては管理しやすくなっています。
以上、庭竹の植栽案件でした。

世田谷の植木屋 『庭竹』

庭と植木の専門家、世田谷の植木屋 『庭竹』の紹介は上段メニューから,お庭の手入れやリガーデンなど日々の業務は下記のブログでご覧下になれます。 一級造園技能士の技術とセンスで上質なサービスをお約束します。 次大夫掘民家園ボランティア『鍛冶の会』のお知らせもしています。 東京都世田谷区千歳台2-19-7 TEL03-3482-6510 このHPはAmebaOwndで制作しています。