2月の庭竹

「立春」と言う言葉の響きが好きな,世田谷の植木屋『庭竹』です。どこか空気の匂いが変わってくるこの,画像は五分咲きの白梅です。
さて毎年の事ですが、街路樹や公園では公共の剪定作業を見かけます。
一般的な個人邸ではあまり剪定作業の必要性がありませんが、冬枯れの芝生にはよく見ると青い雑草が有ります。厄介なスズメノカタビラです。
小さくて抜き難いのですが、根拠よく丁寧に抜いてゆきます。稲科の雑草ですから、適時の除草剤と物理的除去が芝生の保護には良いかと考えます。
また2月は底冷えの頃ですが、この時期の施肥が柑橘系の結実に大きく影響します。
庭竹では油粕や骨粉などの有機肥料を根元近くに施しています。
問題は上画像のキンカンです。何故か実がつきません。今回が2シーズン目の施肥になりますので、昨年よりは良い結果を期待したいと思います。
同じくお寺さんの蜜柑の施肥です。こちらは日当たりもよく、実もたくさんつけてくれます。
ご住職が収穫できる果樹がお好きで、庭竹で植えさせていただいた蜜柑です。
以上、庭竹の定期報告でした。

世田谷の植木屋 『庭竹』

庭と植木の専門家、『世田谷の植木屋 庭竹』の紹介は上段メニューから,お庭の手入れやリガーデンなど日々の業務は下記のブログでご覧下になれます。 一級造園技能士の技術とセンスで上質なサービスをお約束します。 次大夫掘民家園ボランティア『鍛冶の会』のお知らせもしています。 東京都世田谷区千歳台2-19-7 TEL03-3482-6510 このHPはAmebaOwndで制作しています。