庭と井戸 

井戸屋さんの工事終了の連絡をいただきましたので、中断していた昨年の作業の続きです。
そして、こちらが井戸の完成状況です。想像よりも大きくて驚きました。手前のコンクリートを汚さないよう養生をしてから仕事にかかります。
まずは石仕事です。井戸とのバランスを考えて、昨年組んだ石組みも手直ししてゆきます。画像で見るよりも高低差がありますので、土が流れ出さないよう石を組みます。
自然石の平板を井戸の周りに配置します。色や形がそれぞれ違いますので、あっちをこっち、こっちをそっちと言った感じで最適な配置を模索します。植物とは違いずっと残る物ですからなるべく良いものにしたいと考えます。
井戸の手押しポンプを操作しやすいように、足場にも石を配置します。
石仕事が終わりましたら、植栽作業です。自然石の平板とタマリュウで市松模様にします。スズラン、スイセンなどの球根種や冬枯れのユリ、シラン、ヘメロカリスなど植えます。
植栽を終えたら石の土汚れをたわしで洗ってゆきます。最後に砂利を敷いて終了です。お庭が明るくなりました。
御自身で植木の手入れ(剪定)をなさるお客さんですから、植物の知識も豊富でいくつかの草花や樹種はご指定がありました。
全体としては春先から順に花が咲いてゆく楽しいお庭になったかと思います。
以上、庭竹の庭仕事でした。

世田谷の植木屋 『庭竹』

庭と植木の専門家、『世田谷の植木屋 庭竹』の紹介は上段メニューから,お庭の手入れやリフォームなど日々の業務は下記のブログでご覧下になれます。 一級造園技能士の技術とセンスで上質なサービスをお約束します。 次大夫掘民家園ボランティア『鍛冶の会』のお知らせもしています。 東京都世田谷区千歳台2-19-7 TEL03-3482-6510 このHPはAmebaOwndで制作しています。