植木屋 芽吹きの頃

例年よりも桜の開花が早かったそうですが、植木屋からしても2月の底冷えも少なく、世田谷あたりに限って言えば今年は暖冬だったと感じています。
植木の手入れは5月の松の芽摘みから始まります。、この時期は芽吹きの頃ですから不必要な剪定は好ましくありません。植栽や垣根の修繕交換、伐採や強剪定などイレギュラーな作業が植木屋の冬仕事になります。また、この時期は竹の品質が良いので、経年と共に腐食した竹の交換に向いています。
こちらは新規のご依頼です。様々な下草類がありますが、まだ芽を出していないものもありますので、6、7月頃の全容が分かりません。大きなお庭ではありませんが、草花を愛でるには十分なスペースがあります。ご依頼に答えるべく専門家としていろいろお手伝い出来ればと考えています。
庭竹で植栽管理させていただいている世田谷区の施設で、切り落とした桜の枝を持ち帰り蕾から開花と楽しみました。お客さんに頂いた日本酒(福小町)でお家花見です。
以上、世田谷の植木屋でした。

世田谷の植木屋 『庭竹』

庭と植木の専門家、『世田谷の植木屋 庭竹』の紹介は上段メニューから,お庭の手入れやリフォームなど日々の業務は下記のブログでご覧下になれます。 一級造園技能士の技術とセンスで上質なサービスをお約束します。 次大夫掘民家園ボランティア『鍛冶の会』のお知らせもしています。 東京都世田谷区千歳台2-19-7 TEL03-3482-6510 このHPはAmebaOwndで制作しています。