チャドクガ対策 世田谷

春も終盤になりました。これからGWに向けて新芽新緑の季節ですから、植物はボリュームが増して人によっては鬱陶しいと感じるかも知れません。
ツツジも花盛りですがこの時期から害虫と言っていいか、我々植木屋は単純に虫と呼びますが毛虫やアブラ虫が発生します。
毛虫も実害がなければよいのですが「チャドクガ」だけは困りものです。毒蛾の名のとおり触れると赤くかぶれてしまいます。症状は人によりますが、酷いと皮膚科の受診やステロイド系の痒み止めが必要です。
庭竹もチャドクガが苦手で見るのも嫌です。そこで庭竹のお客さんにはツバキ類を対象にした薬剤散布をGW頃無償でおこなっています。
薬剤は使わないに越したことはありませんが、実害がある場合には最小限の散布も必要かと考えています。
以上、『東京都農薬管理指導者』の庭竹でした。

世田谷の植木屋 『庭竹』

庭と植木の専門家、『世田谷の植木屋 庭竹』の紹介は上段メニューから,お庭の手入れやリガーデンなど日々の業務は下記のブログでご覧下になれます。 一級造園技能士の技術とセンスで上質なサービスをお約束します。 次大夫掘民家園ボランティア『鍛冶の会』のお知らせもしています。 東京都世田谷区千歳台2-19-7 TEL03-3482-6510 このHPはAmebaOwndで制作しています。