世田谷区のお仕事と植木屋

新型コロナの影響が少ない業種のひとつ植木屋(庭師)ですが、全くないわけでもありません。
例年は2月から3月頃に植栽管理させていただいている世田谷区の施設ですが、昨年度のコロナ禍による予算の関係で一年飛ばして、新年度改めてのご依頼で5月の作業となりました。
いつもは上画像のように落葉後の休眠期である2月もしくは3月の作業になるのですが、
今回は葉がこんもりと出揃って枝もひとのびした状況での作業となりました。前回の剪定から一年と二月の経過です。
枝ゴミが例年の二倍ちょっと発生しました。それはよいのですが大型落葉樹ですから、落葉期に新芽の準備的剪定をしてあげるのが、植栽管理としてはよろしいかと考えます。
予備日を含む四日間の工程ですが、初日と二日目は小雨模様とあいにくの天候でした。例年は雨の少ない2月頃の作業ですから、色々勝手が違って少し新鮮に感じました。

以上、世田谷区にも貢献する庭竹でした。

世田谷の植木屋 『庭竹』

庭と植木の専門家、世田谷の植木屋 『庭竹』の紹介は上段メニューから,お庭の手入れやリガーデンなど日々の業務は下記のブログでご覧下になれます。 一級造園技能士の技術とセンスで上質なサービスをお約束します。 次大夫掘民家園ボランティア『鍛冶の会』のお知らせもしています。 東京都世田谷区千歳台2-19-7 TEL03-3482-6510 このHPはAmebaOwndで制作しています。