梅雨と植木屋

今年はアジサイがどこでも綺麗に咲いていて、風情いかにも梅雨らしいです。しかし梅雨が好きという人はあまり多くないかと思います。植木や植物にとっては大切な雨ですが、我々のような外仕事の職方はあまり歓迎しないシーズンです。
さて、こちらは果樹とハーブのお庭です。果樹と庭木は同じように思うかも知れませんが庭竹では区別しています。果樹は収穫が目的の樹木で庭木は美観(景観)がその役割です。
こちらのお庭では収穫を楽しめつつ美観を維持出きるようにバランスを取りながら剪定しています。
今年の梅雨は気まぐれで、晴れ間は気温も上がりましたが爽やかな風が吹いて、あまりジメジメとした印象ではありません。
天気が良ければ植木屋の仕事は気持ちのいいものです。
可愛らしいお茶を出していただいたり。
お庭への愛情を発見したり。
まだまだ梅雨は続きますが、庭竹では大雨でないかぎり仕事をさせていただいています。雨天順延の場合には半月以上お待たせしてしまいますから。
さて、梅雨は植木屋泣かせの庭竹でした。

世田谷の植木屋 『庭竹』

庭と植木の専門家、世田谷の植木屋 『庭竹』の紹介は上段メニューから,お庭の手入れやリガーデンなど日々の業務は下記のブログでご覧下になれます。 一級造園技能士の技術とセンスで上質なサービスをお約束します。 次大夫掘民家園ボランティア『鍛冶の会』のお知らせもしています。 東京都世田谷区千歳台2-19-7 TEL03-3482-6510 このHPはAmebaOwndで制作しています。