9月の剪定と植木屋

ゲリラ豪雨で始まった9月ですが、庭竹のルーチンでは第二繁忙期前の少し落ち着いた時期です。
通常植物は5月の新芽から7月の終わり頃までぐんぐん伸びて、真夏の期間は成長が止まり(もしくはあまり伸びなく)ます。
そして少し暑さが和らいだ秋雨の頃にひと伸びします。
世田谷あたりではお盆休み明け頃から日照時間が短く小雨の日が多く、秋雨みたいな状態になっています。植物も勘違いをして秋の新芽や雑草をちらほらと見かけます。
さて、こちらは昨年からお世話になっているお庭です。軒先のコンパクトなお庭ですが、様々な下草がありますので季節感を演出してくれます。高木類を剪定してあげると日陰が木陰になりますので下草類にも適度に日が届くようになります。
こちらはいつものお庭で芝刈り作業です。熊手でよく掃除をしてから小箒で芝生を撫でるようにしますと,意外に取り残した葉が集まり芝生が青くなります。
こちらは法人様の植栽管理です。普段の個人邸のお庭と比べると,気が遠くなるほど長い生け垣です。
以前はエンジンのトリマー(植木屋的バリカン)で刈り込んでいましたが、現在は電動バッテリー式のトリマーで作業しています。
騒音はもちろんですが排気ガスもありませんので、我々の健康面でも改善されていると思います。
最後に、そろそろ梨のシーズンですが、ありがたい事に遠方の後輩が送ってくれました。富山県の立派な植木屋さんの跡継ぎですが、私を覚えていてくれる事が嬉しくて、なんだかほっこりします。
梨はとても甘いのですが、その甘さが不思議なくらいすっと消えるのでとても上品に感じます。
以上、梨でほっこりする庭竹でした。

世田谷の植木屋 『庭竹』

庭と植木の専門家、『世田谷の植木屋 庭竹』の紹介は上段メニューから,お庭の手入れやリガーデンなど日々の業務は下記のブログでご覧下になれます。 一級造園技能士の技術とセンスで上質なサービスをお約束します。 次大夫掘民家園ボランティア『鍛冶の会』のお知らせもしています。 東京都世田谷区千歳台2-19-7 TEL03-3482-6510 このHPはAmebaOwndで制作しています。