年末の剪定

ひとくちに植木屋(庭師)といいましても色々なタイプの事業所があります。街路樹や公園など自治体の仕事が中心の事業所、マンションの植栽管理が中心の事業所、リフォームメーカーの外構工事が中心の事業所などなどです。庭竹のように個人のお客さんが中心の植木屋(庭師)はこの時期から年末までが繁忙期(第二)なので、週間天気予報と予定表ばかり気にしています。
こちらはお隣もそのお隣もと5軒並んだお客さんです。毎年この時期にお手入れさせていただいています。
端から順番に作業してはお隣へ移動しますので、植木屋(庭師)としては都合が良いです。
今風の植栽やのお宅もあれば昔ながらのマキの刈り込みなど、お宅によってマッチする手法に違いがありますので職人的には非常に面白く感じています。
こちらも毎年この時期のお客さんです。ぐるりと生け垣がありますので刈り込み作業がメインのお庭です。
ご予約をいただいた際に「足場がかかります」とお話を伺っていたのですが、マンションの修繕レベルのしっかりした足場が設置されていて驚きました。植木の手入れはいつも通りなのですが、足場の関係で作業が出来ない箇所がありますので年末に出直しです。
こちらもいつものお庭です。園芸のお好きなお客さんで、この時期は様々な菊を綺麗に咲かせていました。
統計を取っているわけではありませんが、沢山のお客さんの中に何故だか雨に降られやすいお庭があります。
こちらのお庭は雨に降られた記憶が多いのですが、この日も作業終了の頃からぽつぽつと降りだして夜には本降りになりました。
こちらは数年前に庭竹で植栽したお庭です。お客さんの第一条件が柳の木の植栽でした。新植から数年経ちましたので根も張り,枝の延び方もずいぶん旺盛になってきました。数年先の枝振りを考慮してボリュームダウンさせてゆきますが、大切なのは柳らしくある事です。

以上、世田谷の植木屋『庭竹』でした。

世田谷の植木屋 『庭竹』

庭と植木の専門家、世田谷の植木屋 『庭竹』の紹介は上段メニューから,お庭の手入れやリガーデンなど日々の業務は下記のブログでご覧下になれます。 一級造園技能士の技術とセンスで上質なサービスをお約束します。 次大夫掘民家園ボランティア『鍛冶の会』のお知らせもしています。 東京都世田谷区千歳台2-19-7 TEL03-3482-6510